1/43 hpi・racing TOYOTA CELICA GT-FOUR '90 WRC #4

ミニカー画像

ミニカー画像

実車について

'90のWRCにおいて、カルロス・サインツ選手のドライブによって日本車初となる(ドライバーズ)タイトルを獲得したメモリアル・マシン。
ST165型セリカをベースとした車両は、265psを発生する2.0リッター・ツイカム・ターボ・エンジンをフロントに搭載し、四輪を駆動するFAWDレイアウトを採用。AWDはベベルギア式センターデフ(手動デフ・ロック付き)をもつフル・タイム方式で、トランスミッションにはXトラック社製6速ミッションを採用。
外観上では、'89仕様では埋め込み式だったヘッド・ライトが開閉式となり、市販モデルにより近いイメージとなった。
トヨタはこの2年後に、後継のST185型で念願のマニファクチャラーズ・タイトルを獲得することとなる。

ミニカーについて

1/43スケールではTrofeu、ixo、hpi・racingブランドからリリース。hpi・racingモデルである本製品、プロポーション、ディティールとも秀逸で、価格に見合った満足感が得られる。なお本モデルはMarlboro仕様になっていないが、タバコ広告が禁止されている1000湖ラリー仕様のため、この状態が正解。

つぶやき

日本車初のWRCタイトル獲得マシンという事で、押さえておきたい1台。hpi・racingブランドのST165は豊富なバリエーション展開がなされているが、本モデルはライトポッドなどの装飾は一切なく、控えめな外観となっている('90のC.サインツ選手仕様は本モデルのみ)。外観重視であれば、'90サファリや'91モンテ・カルロ仕様がおすすめ。
ブランド
スケール
自動車メーカー
レーシング・チーム
年  代
カテゴリ WRC ラリーカー レースカー(競技車)