1/43 RedLine Enzo Ferrari

ミニカー画像

ミニカー画像

実車について

フェラーリ創業55周年を記念して製作されたF50の後継車。車名には創始者エンツォ・フェラーリ氏の名が冠された。
デザインは当時ピニンファリーナに在籍していた奥山清行氏の手によるもので、F1を彷彿とさせる極めてレーシング・カー的、かつ、独創的なものである。
660psを発生する6.0リッターV型12気筒DOHCエンジンをミッドシップに搭載し、セミ・オートマチック・トランスミッションを介して後輪を駆動する。
フレームおよびボディにカーボン・ファイバー材を多用することで、車重はわずか1,255kgに抑えられている。
ハイパワーなエンジンと軽い車体によって、最高速は350km/hに達する。

ミニカーについて

版権の問題があるため、1/43スケールではBBR、Red Line、ixo、KYOSHOブランドがリリース。Red Lineモデルである本製品、プロポーション的に気になる点もなく、レジン製ならではのシャープさが再現性をより高めている。細部も丁寧に造り込まれている印象で、価格に見合った満足感が得られる。

つぶやき

最近でこそ見慣れた感のある本モデル、実車が発表された当初はモデル化が待ち遠しかったっけ。ixoモデルは価格なりのクオリティ、KYOSHOモデルは開閉ギミックが好みの分かれどころ、BBRモデルは高価なので、やはりRed Lineモデルが無難な選択だろう。ラ・フェラーリのモデル化が今から待ちきれない…。
ブランド
スケール
自動車メーカー
年  代

カテゴリ ロードカー(乗用車) 海外モデル